2016年6月26日日曜日

漂流線  





「梅雨は降り梅雨は晴るるといふことを」(後藤夜半) 
きょうは、しっかりと、晴れています。暑い日。 ひさしぶりの洗濯ものが、よく乾いて、こころまでカラリと乾いてゆく気がします。

西荻窪のギャラリーみずのそらで、「漂流線」というグループ展を開催します。
同じメンバーで、4回目となる今回の展示。前回のグループ展「蒐集記」(2013年11月)が終わって、搬出後すぐに、オーナーの小峰恵子さんから次回の開催を提案され、そのあいだに小峰さんは、突然いってしまわれましたが、このたび、また同じメンバーで開催できることを、とてもありがたく思っています。
詳細は、以下です。

 + + + + +

「漂流線」


日時:2016年7月16日(土)〜7月24日(日)
13:00〜20:00(18日〜17:30、最終日 〜18:00) 19日(火)休  

「水の手紙/空の余白」「机上の灯台」「蒐集記」につづくブックアート/銅版画/木版画/冊子/短歌 etc. +活版印刷の作品展

東京音杉並区西荻北5-25-2 tel/fax 03-3390-7590
(西荻窪駅から徒歩約10分)

◉ライブ「漂ふ鳥・迷ふ鳥」
 《出演》短歌:石川美南(山羊の木)  音:津田貴司
 《日時》7月18日(月・祝)受付17:30〜、開演18:00〜
 《入場料》1500円 

◉7月23日(土)、24日(日)
赤井都による「漂流線」を作るワークショップ開催
《参加費》3000円 予約不要・随時受付

◉期間中、カフェにてあゆみ食堂の特製かき氷をご用意しております(数量限定)

 + + + + +

小峰さんには、三鷹でひとり暮らすようになってから、なにかと誘っていただいたりして、たのしい、あたたかな時間を、たくさんくださったものだなあと、思い出しています。前回の展示の打ち上げでは、参加者たちが持ち芸(というかなんというか)を披露し、みんなでお腹が痛くなるほど笑いました。うつくしいものとおもしろいことが大好きで、人にも物にも愛情をおしむことなく注がれた、小峰さんでした。

「漂流線」のために、ヒロイヨミ社は、『漂流箋』をつくっています。
誰かにあてた手紙のようであり、宛先を持たずに漂っているようでもある言葉をあつめた、冊子です。なんとなく、曇りの日の、海のしずかなつぶやきのような、(本)になりそうです。

ひとり暮らしからふたり暮らしになり、一年がたち、だんだん、おちついてきました。ひさしぶりに活字を組んで、自分で印刷するつもりです。どうなるのでしょう。とりあえず、活字を整理して、試し刷りして、植物由来のインキ洗浄剤をしらべてみました。食べる部屋も、寝る部屋も、刷る部屋も、同じになったので、ちょっと、気をつかいます。ひとりのときは、部屋が狭すぎて、印刷機は預けた(置いてきた)ままになっていました。




DMが刷り上がり、まだあまり配布したり送ったりできていませんが、これからがんばります。
ひとまず、三鷹の古本屋・水中書店(夫がやっています)に置いてあります。わたしもときどき、お店番していますので、どうぞお近くにお越しの際は、寄ってみてください。いい本がたくさんあります。(ヒロイヨミ社の本は置いてません)

DMデザインはわたしが担当し、写真は山羊の木の橋目侑季さんが撮ってくださいました。

どうぞよろしくお願いします。
暑い時期だと思いますが、かき氷もありますし、足をお運びいただけたら、うれしいです。


追伸 西日とのたたかいになりそうです

2016年6月9日木曜日

ソラでよんだ言葉






ライトグレーの、梅雨の空。ときおり電車の音がするほかは、鳥のさえずりばかりが響く、しずかな午後です。

美肌室ソラでの「読書サロン」、最終回もぶじに終了しました。
ご一緒したみなさま、企画してくださった信子さん、こころから、ありがとうございました。

慣れないことばかりで、あたふたするうちに、なんだか自分が更新されたようです。言葉をめぐって、これからも、人と言葉を交わしていこうと思います。そして、読むこと、作ることを通して、いっそう深く本の世界をさぐっていけたらと。

以下に、よんだ作品のタイトルをあげておきます。
ひとつひとつの言葉に、ひとりひとりの声や記憶がしみついて、なつかしい感じがします。きっといつまでも、そのように感じることに、なりそうです。

またどこかで、お目にかかれますように。


 + + + + +



・中原中也「湖上」  
・樋口一葉「月の夜」
・北原白秋「月光の谿」
・宮沢賢治「かしわばやしの夜」(抄)
・井伏鱒二「逸題」
・李白「月下独酌(其一)」
・歌 西行
・俳句 幸田露伴、松尾芭蕉

・三好達治「雪」
・津村信夫「雪球(スノウボール)」
・宮沢賢治「作品第一〇〇四番」(『春と修羅 三』)
・岸田衿子「雪の絵本」
・吉田一穂「雪」
・中原中也「生ひ立ちの歌」
・歌 北原白秋
・俳句 野澤節子

・山村暮鳥「風景  純銀もざいく」
・辻征夫「わたしは沈丁花が」
・川崎洋「たんぽぽ」
・征矢泰子「チューリップ」
・三井葉子「さくら」
・歌 与謝野晶子、堂園昌彦
・俳句 河東碧梧桐、三橋鷹女、柴田白葉女、星野立子

・尾形亀之助「雨 雨」
・吉野弘「日本の六月」
・山之口貘「雨と床屋」
・串田孫一『雲花雨雪樹鳥海夜』より 雨の言葉
・新川和江「傘をさして……」
・小池昌代「晴れ間」
・歌 若山牧水
・俳句 日野草城、永田耕衣、飯田龍太

・多田智満子「天領」
・岸田衿子「木の影」
・石垣りん「行く」
・江代充「幹をつたって」
・谷川俊太郎「き」
・高見順「深夜の樹木」
・俳句 阿部完市、津沢マサ子 

・永瀬清子「金星」
・山村暮鳥「夜景」
・多田智満子「星の戯れ」
・玉置保巳「星」
・伊東静雄「夜の葦」
・岸田衿子「星はこれいじょう」
・室生犀星「星」
・歌 与謝野晶子
・俳句 松尾芭蕉、山口誓子、今井聖

・三好達治「春の岬」
・中勘助「ほほじろの声」
・大岡信「ライフ・ストーリー」
・蜂飼耳「鳥のかたちに似ている日」
・村野四郎「鳥の巣」
・貞久秀紀「上下ちりぢりの鳩」
・歌 若山牧水、小原奈実
・俳句 小林一茶、正岡子規、日野草城

・山之口貘「天」
・谷川俊太郎「かなしみ」
・三好達治「Enfance finie」
・原民喜「部屋」
・飯島耕一「矩形という限定」
・大岡信「双眸」
・R.ブラウニング(上田敏訳)「春の朝」
・歌 式子内親王
・俳句 与謝蕪村、恩田侑布子



追伸 空の下でのピクニックごはん、たのしくて美味しかったです

2016年5月20日金曜日

空をよむ




このところは「うた」と「古典」に、少しずつだけれど、ひかれているみたいで、竹西寛子さんの本をよく手にとります。『詞華断章』(岩波現代文庫)をよんでいたら、どうして「うた」にひかれるのか、納得して、その語句のひとつひとつに、深くうなずきたくなる言葉がありました。

 「うた」はいい。
 すぐれた「うた」は、調べに添うだけで快い。
 自分の生きている今の瞬間が、粗末ではあっても決して無意味ではなく、未知と既知の間で漂っている心と軀が、目には見えぬ巨きな何かのあらわれとして、まるごとすくい上げられるような安堵と、何かに連れ出されるようにして、ひめやかにではあっても生き続けるよろこびをいとおしむ。

ヒロイヨミ社なので(というわけでもないけれど)、まだぜんぶよんでいないのに、あとがきをよんでしまいました。

こうして、今日も、なにか漠然とした、不安とよろこびの海を漂うようにここにいて、せめて何かにつかまろうとして、つかまえてほしくて、やみくもに、本をよんでいます。

さて、月、雪、花、雨、木、星、鳥、とつづいてきた美肌室ソラでの「読書サロン」、6月8日(水)の最終回は、「空」です。

言葉に目を凝らし、耳をすまし、心を静かにして、自由に、感じたことを話すこと。読むことのよろこびは、自分の奥にはいっていく、ひそやかさだけでなく、自分をひらいて、人とまじわっていくことでもありました。

くわしくは、こちらをどうぞ。
粒粒さんのごはん、ハチマクラさんの紙、SUNNY BOY BOOKSの本も、どうぞおたのしみになさってください。

とりとめのない読書に、ときどき道をつけてくださったこと、貴重な機会をいただいたことに、感謝しつつ。
つたない話や進行に、つきあってくださったみなさん、ありがとうございます。

最後まで、どうぞよろしくお願いいたします。


追伸 『ひそひそ星』をみて、ひっそりしました 

2016年1月30日土曜日

窓の韻






雪が降るのかなあ、と思ったら、降りませんでした。でも、とても寒い午後です。
1月も、のこり2日。立春まで、あと幾日もありません。春隣、春の急ぎ、春遠からじ。
「人の子やはるを迎にゆくといふ」(乙二) これはつい先ほど、『基本季語五〇〇選』をひらいて知った句です。冷えて硬く縮こまっていたこころが、ほどかれるようです。春に手をのばす子どものやわらかな手のひら、その指さき近くまで、もう春はきています。

さて、2月に、窓をテーマにした展示をします。
森雅代さんとは、2011年の「冬の木」(於・森岡書店)、2013年の「雨の日」(於・書肆サイコロ)につづいて、3回目の2人展です。
このたびの会場は、目白にあるFUUROというギャラリーの2階です。縦長の3つの窓が印象的な白い空間で、銅版画と、言葉(詩)と、それらをあわせた冊子を、ゆっくりとみていただけたら、と思います。

 + + + + +

「窓の韻」

森雅代(銅版画) ヒロイヨミ社(言葉)

2016年2月20日(土)-27日(土)
12:00―19:00(最終日17:00まで)

会場=FUURO
171-0031 東京都豊島区目白3-13-5 イトーピア目白カレン1F
目白駅より徒歩3分

※会期中無休
※初日17:00より、お飲みものをご用意してお待ちしております。
どうぞお気軽にお越しください

26日(金) 19:30~ 扇谷一穂ライブ「窓のそばで 奏でる」

入場料 2000円(1ドリンク付)定員20名
ご予約 mail@gallery-fuuro.com

 + + + + +

ライブをしていただく扇谷一穂さんとは、「冬の木」のときに、森岡書店でお目にかかりました。歌をきいたのはその年の秋のことで、「さざ波のような、葉ずれのような、雨だれのような、うつくしい声だった」と、翌日、うっとりとしながら、書きのこしていました。今回、展示空間と扇谷さんの歌が、どのように響きあうのか、とてもたのしみです。わたしもすこしだけ、詩を朗読する予定です。

それでは、また。
お時間ありましたら、ぜひ目白にお運びくださいますよう、よろしくお願いいたします。


追伸 志むらの九十九餅(つくももち)というのが美味しいそうです(H村さん情報)


2015年12月6日日曜日

ソラで、星のことばを




「2015」と、まだ書き慣れないような気がするのに、もう、最後の月になりました。銀杏の木にはいまだに緑色の葉も茂っていて、いまはほんとうに十二月なのだろうか、とふしぎな気持ちで見あげています。聖歌をきいて、サンタクロースの置物をおいて、からだに十二月を、しみこませている毎日です。

美肌室ソラでの、6回目の「読書サロン」が12月9日(水)に開催です。
「私はつめたい星空を啜った」(永瀬清子「金星」)など、こころをつかまれた星のことばをあつめました。いっしょによんでいただけたらさいわいです。
くわしくは、こちらをごらんください。

ことばによって、こころが晴れたり、開かれたり、引きあげられたり。遠い遙かな場所を思ってみたり。見上げた空が、これまでとちがってみえたら、いいなと思います。

ことし最後の読書サロン、どうぞよろしくおねがいいたします。


追伸 写真はたしか、ミラノの大聖堂で撮ったような 

2015年11月19日木曜日

ほんほん蒸気





11月、下旬になりました。昼間はあたたかですけれど、夜はマフラーをぐるぐるまきます。
先日、来年の手帖を買いました。大きいモレスキンにしました。なんにも書いてない、真っ白な手帖をみると、自由なきもちになれていいです。なんでもできそうな。どこへでもいけそうな。いや、してもしなくても、いってもいかなくても、いいような。

『ほんほん蒸気』(制作・発行=北と南とヒロイヨミ)の販売店を、まとめておきます。たくさんのご感想、ご紹介、とてもうれしくよんでおります。どうもありがとうございます。詩がよみたくなった、といわれると、やはりうれしいです。わたしも毎日、詩をよんでいます。いまのテーマは、「星」と「窓」です。そのことは、またあらためて。

『ほんほん蒸気』、ひきつづき、どうぞよろしくおねがいします。
「北と南」フェイスブックにもほんほん情報あります。こちらもあわせてごらんください。


関東
B&B

中部

関西

中国

九州・沖縄

オンライン



 追伸 光のノスタルジア、みたよ

2015年9月15日火曜日

かまくらブックフェスタ 2015


気がつくと、引っ越してから三ヶ月が過ぎていました。このところは、季節の変わり目のせいか、片付け欲がどうにもとまらず、流しの下とか、地袋とか、部屋のあちこちが、毎日きれいになっていきます。気持ちもすっきりして、いいです。もやもやしているひとに、おすすめしたいです。

さて、今年も、10月10日、11日と開催される、かまくらブックフェスタ(港の人主催)に参加いたします。
今回は、『北と南』の河内くんといっしょです。『ほんほん蒸気』という冊子をつくっています。本の周辺の、本を愛する方々に、ひとつのテーマのもとに詩を三編あげていただき、文章をよせてもらいました。原稿がどんどん届いて、読むとやっぱり、もっと詩が読みたくなるので、今日も神保町で、詩集をたくさん買いました。冊子の内容のこと、くわしくは、またお知らせします。がんばって、いい冊子にしたいです。
ブックフェスタでは、もちろん、『北と南』も、ヒロイヨミ社のあれこれも、販売いたします。今年は会場も変わって、どんなふうな雰囲気になるのか、とってもたのしみです。

今年もトークイベントに、参加の予定です。平出隆さんと郡淳一郎さんによる、「本の美しさとはなにか」。先日の「オルタナ出版史はあります」(「本をつくる・歴史をつくるⅡ 」)では、美しい本たちを実際に手にとることができて、しあわせな時間でした。郡さん、どうもありがとうございました。
ずらり、テーブルの上に本が並んでいるのを見ただけで、どきどきして、人も多かったので、落ちついて見ることはかなわなかったのですが、お話を聞いているとき、ふと本たちに目をやると、本が本でないように見えた、その瞬間、ただならぬ気配を感じて、あのときは、寒気がしました。美しい本は、強くて、おそろしいものだ、と思いました。あの気配は、そこで交わされていた、三人の言葉のせいだった、かもしれません。
閲覧のときは、みなさん夢中で、めくったり、見入ったり、されていたようでした。本はひらかれ、ひかりをあびて、それは、美しかったです。
今度の会では、どのようなことが起きるのか、しっかり見て、聞いておきたいです。

「私達の一番大きな本当の仕事は、結局生活と云ふ書物の頁を、来る日も来る日も美しく強く印刷し、彩飾し、綴ぢ合せてゆくこと」(『アイデア』354号・ p65╱寿岳文章・しづ『向日庵消息』第七信より)

ああ、すばらしい言葉だなあと思って、今すぐ走っていって、誰かに知らせたくなりました。
美しい本は、日々、つくられていきます。今日も本に、本をめぐる言葉に、励まされました。来る日も来る日も、感謝をのべたい(刷りたい)です。

それでは、また。
この秋、鎌倉でお目にかかるのを、たのしみにしています。


追伸 印刷機も川を渡って引っ越してきました